©aime le pain since 2019

​毎日を

​ものすごく豊かにする

“日常パン”

「エムルパン」は、“せともの”で知られる、やきものの産地・愛知県瀬戸市の小さなパン屋です。パンが大好きなパン職人の夫婦が、2019年7月にオープンします。

私たちはパンが本当に大好きで、10年以上パン屋でパンを作り続け、休みの日にはパン屋をめぐり、日々パンと向き合ってきました。

わたしたちがめざすのは、食べているうちに、いつの間にかこのパンでないと、物足りない。そんなふうに感じる、日常のパン。

 

毎日が「ちょっと幸せ」よりも、もっともっと幸せを感じていただけるようなパンを作ります。

​私たちが考える

本物のパンの基準

 

“本物のパン”を食べると、感動します。

おいしいを超えて、感動です。

わたしたちが“本物のパン”と考える基準は、​生地そのものがおいしいこと。

余分なパサつきがみじんもなく、噛み締めると、甘みや旨味が出るような。

パンを食べて、「おいしいね」はあっても、感動することはなかなかないと思います。

僕は自分がかつて感じたパンを食べたときの感動を多くの方に知っていただきたい。

いい材料を使い、手間をかけて作ります。

「aime le pain」
職人について

 

上浦一樹(かみうら・かずき)

1986年、瀬戸市生まれ。

K1ファイターを目指したのち、パン職人として12年働く。2019年7月「aime le pain」をオープン。

【修業先】フォートナム&メイソン(名古屋)、le supreme(名古屋)、ブレッド&タパス沢村(東京)、365スタンド(愛知・日進)等

 

上浦敦子(かみうら・あつこ)

1986年、愛知県豊川市生まれ。

名古屋製菓学校卒業。

【修業先】ポンパドウル(名古屋)、le supreme(名古屋)、Rosir(東京・品川)